ウェブサイトカスタマイズ用エディタ

弊社ウェブサイトのデザイン変更やカスタマイズでCSSやHTML、PHPを使用することが多いのですが、その際にエディタとして、今までは統合開発環境Eclipseを使用していました。

WordPressのテーマを株式会社ベクトルさんLightningに変更したことにより、しばらくの間トップページ以外のページがデフォルトデザインのままになっていました。

この度、ようやくCSSによるデザイン変更を始めたのですが、素のCSSでコーディングしていくと何度も同じタグを記述しなくてはならず、可読性も落ちてきたことから、スタイルシート言語SassのSCSS記法でコーディングすることにしました。

Sassでコーディングした場合、CSSにコンパイルする必要があるのですが、Eclipseでコンパイルしようとすると、別途RubyをインストールするかNode.jsをインストールして、ビルダーによる自動コンパイル設定を行う必要があります。
※この方法については、公開Wikiページに掲載しています。

ただ、前々からCSSやHTMLのコーディングでEclipseを使うのも何だかなぁと思っていましたので、この際他のエディタに切り替えてみようと、AtomVisual Studio Codeを比較検討しました。

Sassのコンパイルという点を主体にすると、Atomは拡張機能sass-autocompileとは別に Node.jsnode-sassのインストールが必要になります。
Visual Studio Codeですと、拡張機能のみのインストールで大丈夫です。
また、比較記事等によるとVisual Studio Code の方が速度面で優位なようです。

ということで、EclipseからVisual Studio Codeにエディタを切り替えることにしました。

Gitリポジトリの操作で当初使いにくさを感じましたが、慣れの範囲内でした。

Visual Studio Codeのインストールについては公開Wikiページに掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)