会社概要の決算報告書ページに第2期【2016(H28)/11/1~2017(H29)/10/31)の決算報告書を掲載しました。

第2期は初めて12ヶ月営業での決算となります。
第1期が10ヶ月営業でしたので、前年比の基準は120%(20%増)です。

第2期は福利厚生の充実を図り、福利厚生費が前期の5倍強に増加しました。
また、営業や事務関係で外部の方々との接触が増え、交際費が7倍弱となっておりますが、もともと前期が22千円と少なすぎたのも一因と考えています。

今期も引き続き、ソフトウェア開発業にとって最も大切な人的投資(技術者の新規採用)に向けて利益を留保しました。