弊社が目指すシステム開発会社

システム開発会社は会社としてシステムを開発している会社でしょうか?
それとも単にシステムを開発している会社なのでしょうか?

どちらも同じようにみえますが、前者の場合はシステム開発のノウハウが会社にも存在していると考えます。
単にシステムを開発するだけであれば、自社に人財を抱えることなく開発することが可能です。

バブル崩壊後に新規のシステム開発案件が激減したため、技術者を自社に抱えることによる人件費がシステム開発会社の経営を圧迫することになりました。
そのため、自社に技術者を抱えることなく、売上が見込まれるタイミングで技術者を確保する経営形態に舵を切ることになります。
規制緩和により、人材派遣会社がシステム開発技術者を派遣できるようになり、その傾向は加速していきました。
それにともなって、技術者の働き方や意識も変わり、先輩技術者からのOJTでスキルアップしていくということもなくなりました。
結果として、技術者のスキル低下を招き、品質の低下や開発の遅れといった事例が多発しています。

自社に人財を抱えることなくシステムを開発することはできますが、それでは会社にシステム開発のノウハウは蓄積できません。
開発が終了すればノウハウを持った技術者がそのシステム開発会社に在籍していないということもあります。
自社に人財を抱え自社の後輩社員にノウハウを伝承していく仕組みがあり機能してこそ、システム開発のノウハウが会社に蓄積され活用につながっていきます。

弊社の目指しているのは、技術者が自身の持つノウハウを後輩技術者に引き継ぎ、引き継がれた技術者もまた後輩技術者に引き継いでいくといった文化を持つシステム開発会社です。

弊社では、そのようなシステム開発会社を共に作り上げていく仲間を募集しています。
もっと詳しく話を聞きたい等のご要望がございましたらお気軽にフォームからお問い合わせください。