IT業界の抱える問題として人材不足やスキル不足は度々マスコミ等でも取り上げられていますが、実は品質の低下といった大きな問題が存在しています。
システムそのものの品質は言うに及ばず、プロジェクトマネージメントの品質も大きく低下しているのが現実です。

問題点を洗い出し、それを改善していくことで品質が上がっていくのですが、残念なことにIT業界ではプロジェクトが終われば問題点を洗い出すことなく、すべてがリセットされる傾向にあります。
さらに、派遣技術者の増加により、リリース後に発生するシステムの品質が起因となった諸問題や障害を経験することなくプロジェクトを離れてしまっています。

その結果、その問題や障害を発生させた当事者であったとしても、それに気付くことなく次のプロジェクトで同じことを繰り返してしまうというのが現在の状況です。
これでは品質の向上は望むべくもありません。

そのような状況を微力であっても改善していくため、数多くの諸問題や障害に直面し対応してきた真のプロと呼べる経験者が、その経験を伝え活かしていくことで高品質なシステムやプロジェクトマネージメントサービスを提供していくことを目的にプログレス合同会社を設立しました。

※社名となっているプログレス(Progress)には「進む」という意味があります。
さらには、プロ(Pro)品質(grade)の技術(engineering)サービス(service)とシステム(system)を提供するという意味も込められています。