全部入りを辞めました

ラーメンやつけ麺のトッピングの話ではありません(笑)

弊社のウェブページはWordPressのLightningというテーマを使用しています。

LightningではWordPressにおける各機能を『VK All in One Expansion Unit』という多機能統合型プラグインで実現する仕組みになっていて、一つのプラグインだけで数多くの機能を実現することができます。
要は全部入りプラグインといったところです。

今回は、この全部入りプラグインである『VK All in One Expansion Unit』の使用を辞めたというお話です。

辞めるきっかけとなった直接の原因は、投稿へのコメントが表示されなかったということにあります。
※今は問題ないかもしれませんが、試していません。

VK All in One Expansion Unit』を無効にすると投稿へのコメントは表示されるようにはなったのですが、全部入りのプラグインであったため、今度は管理画面からカスタム投稿タイプが消えて管理ができなくなったりとか、子ページ一覧が表示されず業務案内ページが空白になったりとかの弊害が出てしまいました。

また、『VK All in One Expansion Unit』でカスタム投稿タイプを管理していたため、他社のテーマに切り替えたときの動作も気になるところではありました。

結局のところ、全部入りだと一時的にせよある一つの機能に問題が発生したときに、他の機能を取るかその問題を許容するかの選択をしなければならなくなります。

それは、ウェブサイトの運用を考えたときに好ましいものではありません。

現在は『VK All in One Expansion Unit』の使用を辞めて

  • カスタム投稿タイプ Custom Post Type UI
  • 子ページ一覧    CC Child Pages
  • 部品ウィジェット  SiteOrigin Widgets Bundle
  • ソーシャルボタン  AddToAny Share Buttons

等の個別プラグインを使用しています。

考えてみれば、弊社のシステム設計は単機能を組み合わせるようにするのが基本ですから、ウェブサイトでもそのようにするのが弊社らしいといえます。

断っておきますが『VK All in One Expansion Unit』に問題があるとかの話ではなく、設計思想として全部入りがあってもいいわけですし、プラグインが増えることによるウェブサイトの重さを軽減するという側面もあります。

弊社としてどちらを取ったかというお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)